レーシック手術を行った後のポイント

レーシック手術は日帰りで簡単に出来る手術ですが、術後は色々と注意が必要です。
術後のケアを怠ると視力の回復や維持に影響が出たり、眼を傷つけてしまう恐れがあります。
まず、術後に使用するのが保護用のサングラスです。
ゴーグル状になっていて、ほこりやゴミ、紫外線などから眼を保護してくれるので翌日の検査までは着用しましょう。
また寝る時も知らないうちに眼をこすってしまう恐れがあるので、一週間は着用しましょう。
クリニックによっては、就寝用のアイマスクが別で渡される場合もあります。

次に点眼です。
ドライアイなどの合併症予防のため処方されるので、指示通り忘れずに点眼しましょう。
術後当日は入浴、洗顔、洗髪は出来ません。
一週間後ぐらいまでは、目に水が入らないように注意しましょう。
目の状態が安定するまで、十分な洗顔が出来ません。
目の周りの汚れは、医療用のクリーンコットンなどで拭き取る程度がよいでしょう。

サウナや温泉は、1ヶ月程度控えたほうがよいでしょう。
飲酒、喫煙は一週間以降が望ましいです。
化粧は翌日から大丈夫ですが、目の保護のためアイメイクは一週間は控えたほうがよいでしょう。
手術当日は車の運転は控えて、術後三日ぐらい空けてから長時間の運転は避けるようにしましょう。
術後は光がにじんでみえるハロ現象や、いつもより眩しく感じるグロア現象が起こりやすいので運転時は危険です。

また同居している家族の人のサポートも重要です。
近くでタバコを吸ったり、化粧をしたり、目に刺激を与えるような行動は避けるなど気遣いをしてあげることがとても大切です。
本人が気をつけていても、他の人が目に水滴を飛ばしたりしてはなんの意味もありません。

術後は1日で視力が回復しますが、目をいたわらないとすぐにまた近視になってしまう可能性があります。
手術直後だけでなくその後も目をこすらない、長時間目を使わないなど目をいたわる生活をすることがポイントです。
また、帰宅後目に違和感を感じたり、異常が現れた時はすぐ医師に相談し診察を受けるようにしましょう。
術後の定期的な検診も忘れずに行きましょう。