手術の効果を維持するには

レーシック手術は、術後1日で視力が回復する近視矯正手術です。
しかしその後の生活によっては、すぐにまた近視になってしまう恐れもあります。
レーシック手術の持続期間は、一生ではありません。
角膜の厚さなどや老眼、生活の仕方など個人によって差があります。
それによって効果もひとそれぞれです。

だいたい術後1~3ヶ月で、回復した視力が安定してきます。
視力低下の原因は、レーシックで作った角膜が体の自然治癒力で元に戻ったり、老眼が始まることがあげられます。
また生活の仕方や目の負担、ケアの仕方によって起こります。
老眼や自然治癒力はどうしようもないので、日頃の生活を気をつけて効果を維持していくしかありません。

まず術後は点眼をきちんとさして、サングラスをし目を保護しましょう。
目をこすったり、強い衝撃を与えないように注意します。
視力が安定したら、目をいたわる生活をするように心がけましょう。
暗い所で本を読んだり、パソコンやゲームを長時間しない、近距離で物を凝視しないなど目に優しい生活をしましょう。
姿勢を正しくして、野菜や魚など目によいといわれている食物を意識して食べることも、体の中から目を健康にする方法です。

生活リズムの改善も効果があります。
きちんとした睡眠時間を確保することは、日中使った目を休ませる時間を確保出来るからです。
眼科に定期的に通い、目の検査をするのも視力を維持しようとする意識が高まるのでオススメです。

また、レーシック手術が出来るクリニックもたくさんあります。
質のよいレーシック手術を受けるということが、根本的な視力の安定に繋がります。

元々レーシック手術を受ける前の近視のほとんどが、目の酷使や不規則な生活で目を疲れさせてしまったことが原因です。
せっかく取り戻した視力を維持しなければ、手術を受けても受けなかったことと変わらなくなってしまいます。
視力回復を機に自分の生活習慣を見直して、健康的生活をおくりましょう。
これがレーシック手術の効果を維持する、一番の有効な方法です。