レーシック手術の基本とは

レーシック手術とは視力矯正手術の一種です。
マイクロケラトームを使い角膜を薄く削って、エキシマレーザーを照射させます。
その後、削った角膜をフタするように戻す手術のことです。
角膜を削ることで角膜中央が薄くなり、屈折曲率が下がることで近視が矯正されるしくみです。
また、レーザーの照射を調節すれば、近視の他にも乱視を矯正することが出来ます。
日帰りで短時間で終わり、痛みがほとんどなくて視力回復も早いので、近視矯正手術の90%はレーシック手術が行われています。

しかし、誰もが出来るわけではなく適応検査があり、角膜にも一定の厚さが必要になります。
目の疾患を治療するものではなく、健康な目の視力低下を改善する目的です。
なので健康な目の状態でなければ、出来ない手術になります。

レーシックは、いろんな種類があります。
まず、イントラレーシックとは、イントラレースFSレーザーによってコンピューターでフラップを作る方法です。
これは薄く正確にフラップを作れるので、角膜に厚みがない人や強度の近視の矯正が出来ます。

ウェーブフロントレーシックは、眼球全体を波面状に捉えて解析出来る機器を使います。
これにより、個人個人の目に合わせたレーザープログラムを決められるので不正乱視まで矯正出来ます。
そして夜間の視力向上にもなります。
この2つを組み合わせたイントラウェーブフロントレーシックは、強度の近視や角膜が薄い人でも個別のプログラムが作れる方法です。

他にも角膜上皮を剥離して、レーザーを照射するエピレーシックなどがあります。
エピレーシックは上皮が再生するので、格闘家などの目をケガしやすい人でも可能です。
また片方を遠視用、もう片方を近視用にするモノビジョンという手術もあります。

一般的なレーシック手術の適応検査に合わなかった人は、これらの手術が可能かどうか調べてみるのも一つの方法です。
レーシック手術は、健康保険不適用で費用も8~50万円とクリニックによって幅広いです。
きちんと調べて信用のおける、質のよいレーシック手術をうけることが大切です。