レーシック手術には歴史があります

最近一般的に行われるようになってきたレーシック手術ですが、レーシックとして確立するまでには技術研究の歴史がありました。
レーシックのはじまりは屈折矯正手術という手術からでした。

1800年後半、まだレーザーなどの発達した医療機器がなかった時代に、「角膜を切って屈折率を変える」という発想が生まれました。
1939年、日本人で初めて両面を放射状に切る方式の角膜切開による近視矯正手術が成功したのです。

しかし、この手術は時間がたつと角膜が濁ってしまうという問題点があり一般的普及はしませんでした。
1972年、ソ連で前面だけ切開するという新しい方式での手術が成功しました。
この方式で角膜が濁るという問題点は解決しましたが精度に問題があり広まりませんでした。

その後1980年にアメリカで「エキシマレーザー」が開発され、ミクロンという単位で正確に切開や切除が出来るようになりました。
1990年、ギリシャで初めて「レーシック」と言われる手術が行われました。
1995年にアメリカ食品医薬品局がエキシマレーザーを認可しました。

こうして1998年には、痛みが少なく、視力の回復も早いということが評価されてレーシック手術が主流になってきたのです。
2000年に、日本の厚生労働省でエキシマレーザーが認可され、日本でレーシック手術が出来るようになりました。
2005年にはのべ7万人がレーシック手術を受けました。

レーシックと言われ始めてからの歴史は10年ほどですが、
それまでにたくさんの人の努力と研究がありました。
エキシマレーザーの開発により、屈折矯正手術は大きな変身を遂げ現在の医療に役立っています。

レーシック手術の種類や手術出来るクリニックも増えて、より多くの人が視力を取り戻すことが出来るようになりました。
日本ではレーザーが認可されてからまだ日が浅く、
保険も不適応で価格も幅広く安定していないので、まだまだ一般的普及とまでは言えないのかもしれませんが、
この先レーシックの需要はもっと増えてくるはずです。