レーシック手術による回復率

皆さんの周りにもレーシック手術を受けて、その後の人生が変わった!と喜んでいる人いらっしゃいませんか?
最近はメガネ、コンタクトというより、視力を回復さすことが出来るレーシックを選ぶ人も増えてきているようです。

まずレーシックとは、エキシマレーザーというレーザーにより角膜を削り、
視力を回復させる手術の事なのですが、では一体どのくらいの回復率があるのでしょうか?

レーシックはアメリカが先進国とされていますが、
アメリカでは年間約130万人を越える人々か手術を受けており、視力低下の対策としてポピュラーだとされています。

日本で認可が始まったのが2000年です。

はじめは角膜を削るということに対して不安材料も多く手術をした人数は少なかったようですが、
レーシックの認知度や安全性が認められてから、日本でも除々にレーシック手術を受ける人が増加してきています。
年間では約13万人を超す人がレーシックを受けています。

では問題の回復率ですが、これらの人々が受けた統計を調べたところ、
視力が回復したと感じた人はほぼ全員に等しく、視力が1.0以上に戻ったという人が約9割を超えているという統計が発表されています。

勿論、目の角膜にも個人差はありますから、角膜の厚みにより削る量が変わり術後の結果も多少異なってはきます。
ですが近年では、新たなイントラレーシックという薄い角膜をカットすることの出来る機械も導入されたため、
かなり視力が悪かった人でも、車の運転が裸眼で出来る0.7までには回復出来るようになりました。

この統計結果から分かるようにレーシック手術を、受けたほとんどの人がメガネやコンタクトがいらない生活をおくっているというわけです。
しかしレーシックの安全性は厚労省も認めているものの、眼科の衛生管理環境により角膜に感染が起きたり、軽度の合併症が報告されているのも事実です。

そうならないために、安全なレーシックを受けるには優秀な眼科を選ぶ必要があります。
レーシックの回復率は確かだと言えますが、レーシックを考えている方は慎重にクリニック選びをするように注意しましょう。