レーシック手術とコンタクトの関係

目に何かしらの問題を抱えて悩んでいる人は沢山います。
矯正器具も目に負担がかからないよう近年では色んな開発がされ、安全性も高く使用感が良いものも増えてきました。

一方、目の角膜に直接手術をほどこすレーシックも芸能人などがしているということもあって日本でも認知され、手術件数も年々増えてきています。
矯正器具とレーシックどちらが良いかとは一概に言えませんが、
コンタクトとレーシックはどのような関係があり、どんな人に向いているのでしょうか?

まず、コンタクトとはご存知の通り、角膜に直接レンズを張り付けることにより屈折力があがり、視力に繋がるわけです。
しかしコンタクトを長年していると、手入れや購入する金額、また目に負担がかかってしまうなど色々な問題を感じることも少なくありません。
そんな時、レーシック手術を検討する人多いのではないでしょうか?

レーシックだと、毎日の手入れの手間や、手術費こそ高額ですが、
コンタクトを買い続ける負担を思うとそうでもなく、楽になるくらいです。
しかし最近ではコンタクトを長期間使用していると、角膜が薄くなってしまいレーシックを受けられないことがあるということが分かってきました。

レーシックは成人しか受けることが出来ないので、成人するまでの間の矯正はメガネかコンタクトということになってきますよね。
もし将来レーシック手術を受けようと考えているなら、あまり早いうちからコンタクトを使用することはおすすめしません。
目に直接触れるものですので、目を傷つけてしまう可能性も考えられます。

しかしながら、やはりコンタクトも決して悪いわけではありません。

例えば不正乱視などはレーシックよりコンタクトの方が有効だとも言われています。
近年ではレーシックも進歩していますので、不正乱視でも治療することが出来るようにはなってきましたが、
程度にもよりますし、自分に合う処置をする必要があります。

コンタクトもレーシックも悩むところですが、まずは自分の目の状態に良く知り、自分にあった適切な処置を行うようにしましょう。