レーシック手術とメガネの関係

目が悪くなるとめがねやコンタクトをするのが当たり前の処置でしたが、
最近では芸能人やスポーツ選手などがしていると話題になりレーシック手術を受ける人も多くなってきました。

ではレーシックとメガネの関係について述べていきますね。
ちょっと言い方が悪いかもしれませんが、メガネ、コンタクト、レーシックと比較した時に、一番安全性が高いものはやはりメガネです。

しかし、強度の近視などはメガネでの矯正力は低いということも現状です。
そんな場合は、コンタクトやレーシックを勧められる場合があります。

また安全ではありますが、長時間のメガネは疲れるし何よりメガネをかける煩わしさというのも感じると思います。
そんな時、やはりその煩わしさから開放されたくてレーシック手術を検討することもあるかとは思います。

レーシックは目の角膜を削るわけですから、メガネに比べて不安はあるかとは思いますが、
視力矯正という点で比較すると格段にレーシックの方が優れています。
なので体を動かすスポーツ選手などはメガネよりレーシックが向いていると言えます。

また最近ではコンタクトを長期間、使用すると角膜が薄くなりやすいという報告があります。
その結果、レーシックを受けたくても角膜が薄くて受けられないという場合もあるんです。
ですのでレーシック手術をいずれしたいと考えている方は角膜を傷つけることのないメガネを利用しておくという考えもあります。

どちらにせよ、自分にはどの処置をする必要があるのかを考えることが大切です。

軽度の近視ならばメガネで様子をみるというのが、
安全面や金銭面で考えてみても安心ですし、
強度の近視や運動をすることが多いなどメガネが煩わしいと感じることが多い場合にはレーシック手術を受けるというのも手だと言えます。

どんな病気の治療でもそうですが、自分の症状に合った治療を行うということが大切です。

芸能人がしているからなどの話題性でレーシックを受けることはおすすめしません。

それぞれにメリット、デメリットが存在しますので、
何が自分の目と生活に必要であるかを考えた上でメガネとレーシックを比較するようにしましょう。